2019年7月

7月 11 2019

記念式典の演出

ある企業の記念式典。

社長のご意向でクラシック要素を取り入れたいとのこと。

こんな時に頼りになるのが30年来のお付き合いになる最近名フィルを

引退されたテューバの先生。

この先生とはオーケストラのテレビ番組をはじめミニオペラやコンサ

ートなど、色々なステージを作り上げてきた。

我々の無理難題にも必ず解決策を見出し、いつも満足のいく結果を残

していただいた。

今回は迎賓での弦楽四重奏演奏にはじまり、乾杯時のオペラ歌手の歌、

歓談時のミニコンサートをキャスティングを含め監修していただくこ

とに。一流の演奏家が入った記念式典全体は華やかで格調高いものと

なり、お客様にも大好評であった。

こういった音楽アトラクションを取り入れる場合、演奏家はもちろん、

「何を」、「どのタイミングで」、「どう入れて」、「どう構成する

か」で、その「印象度」や「効果」が大きく変わってくる。

企画・構成・演出とアーティストがうまく絡み合った内容となった。

P4130328


7月 03 2019

周年記念を成功させるための秘訣

周年記念を成功させるための秘訣は?と聞かれることがある。すぐに、

「自分たちが本当にこれだと思えることをやることです。」

と答えるが、大きくは以下の3つだと考えます。

①この機会に自社のことを全社員が真剣に考えること。

②全社員が主体的に関わること。

③メディアブリッジに依頼すること。

③はともかくとして、①②が円滑にできる「仕組みづくり」が非常に重要

だと考えます。

「全社員が考え、全社員で作り上げる。」

もちろん、それぞれ日々の業務があるので全員が集まり、じっくり時間を

かけてというのは無理だが、自社を考える仕組みや周年記念に関わる仕組

みを事務局サイドで作り上げていくことで、誰もが成功と思える周年記念

が可能になると思う。


PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Copyright©2016 Media Bridge. All Rights Reserved.
Menu Open