2019年5月

5月 20 2019

創立記念を祝えること

入社式シーズンを控えた3月下旬、桜の名所近くのある企業の創立60周年を

担当させていただいた。 

創業社長にこの式典をお見せすることは叶わなかったが、当日はお席やお

料理もご用意し、その一部始終を見守っていただいた。

式典では現社長が「60年間企業が続くことの難しさ」と「この日を迎えら

れたことの感謝」を真摯に話された。

創業後10年の会社生存率が1割ともいわれる現代において、60年間続くと

いうことは奇跡的なことともいえる。

そして、60周年を祝えるということも誰でも出来ることでもなく、限られ

た人にしかできない幸運なことだと思う。

そして、こうした周年記念に携わらせていただいている我々は、その希少

な機会を任せられているという思いを胸に、さらに切磋琢磨していかなけ

ればならないと改めて考えさせられた。

創立記念を祝えること


5月 07 2019

○○○○らしさ

東海地方に桜の開花が始まった3月中旬にある企業の

会社設立記念を担当させていただいた。 

先進的な経営陣と明るく元気な事務局メンバーと作り

上げた式典とパーティーは、その企業らしさをアピール

するたくさんの企画が散りばめられた。

表彰、アトラクション、映像、お料理、記念品など、すべての

コンテンツにその企業らしさが表れていて、ハレの日の

華やかさに温かみや懐かしさも加わり、従業員はもちろん、

招待者やOBの皆様に大好評だった。

招待される側にとっては、こういった工夫が最高のおもてなし

なのではと思う。

らしさ


PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Copyright©2016 Media Bridge. All Rights Reserved.
Menu Open